金利差の差額分のスワップ金利

これまでに何回もFXの取引をしている方もぜひもう一度復習をしておくようにしましょう。
どんなことでも基礎となることは必要不可欠なのです。

 

スワップ金利というのは、別名でスワップポイントと呼ばれています。
ただ、多くのFX会社ではスワップ金利という言葉を使用しています。
金利の高い通貨において金利の安い通貨を購入することで、金利差の差額分をスワップ金利として支払う必要が出てきます。
このことに注意をして取引を進めていかなければいけません。

 

簡単にスワップ金利についてですが、外貨預金の利息のようなものだと考えていいでしょう。
ちなみに、スワップ金利は「金利」とは違うので、「スワップポイント」と呼ばれることがあるのです。



金利差の差額分のスワップ金利ブログ:11 11 18

みなさま
(○・∀-)ノ【゚・*:.。. ☆コンチャ☆

みなさまはおもちを食べる時に、何をつけて食べますか?

人によって好みがあるでしょうが、
減量中なら、
あたしは「きなこ」をお勧めします。

「きなこ」って、
減量効果が期待できるんですよね!

「きなこ」は、大豆から作られています。
大豆には、減量にとって大きな効果を発揮する
栄養素が豊富に含まれているんです。

まずは大豆には、ビタミンB群が豊富に含まれています。

ビタミンBというのは、
脂肪や糖分の代謝を促進する働きがあります。
脂肪にしても糖分にしても、減量の天敵ですよね。

また、減量をする時には、
筋肉を維持することも必要となってきます。
身体の中で消費するエネルギーの量が最も多いのが
筋肉といわれているからです。

筋肉の材料となっているのは、タンパク質です。

大豆にはタンパク質が豊富に含まれているので、
減量中は、積極的に摂取をしたい食材というわけです。

なので、減量中、おもちにつけるなら
「きなこ」がお勧めなんです!

でも、おもちの場合、
どうしても炭水化物が多く、
糖分を余分に摂取してしまう恐れがあります。

ですから、
おもちの炭水化物の分と「きなこ」のビタミンBでチャラになって、
実質的な減量の効果が
少なくなってしまうかもしれませんね。

ならば、他の食材と組み合わせてみてはどうでしょう?

例えば…
寒天とかヨーグルトなどは脂肪や糖分が少なく、健康にもいいですから、
減量中、おススメの食べ合わせと言えるかもしれません。

おしまい!!!