金利差の差額分のスワップ金利

金利差の差額分のスワップ金利



金利差の差額分のスワップ金利ブログ:26 11 16


読者様、こんばんわです^^

昔は、身長から110を引いた数値が、理想の体重と言われていましたが、
これは美容体重であり、あまり健康的な数値ではないと指摘されています。

現在でも、この美容体重を目標に
減量するようなエステもあるようですが、
健康的な体重が算出できるのはBMIという方法です。

「BMI=体重kg÷身長m×身長m」で、22が理想の体重になります。

ただ、美容体重よりも重くても標準や、痩せぎみと判断されるので、
減量している人の目標体重と思われがちですが、
体重と身長だけで判断するのは早計だと言えます。

現在、体重計を使って、
減量を行っている方がほとんどだと思いますが、
体重ほど当てにならないものはないんですよね。

一流のアスリートは引き締まった美しい体質ですが、
体重を調べると、想像よりも重い場合が多いのです。

逆に体重が軽く、スリムな体質のモデルさんが、
内臓などに脂肪が多くついていて、
いわゆる「隠れ肥満」に陥っていることも珍しくありません。

体重の数値より重要なのは、体質の脂肪と筋肉の割合なのです。

痩せて引き締まった体質は美しいですが、
筋肉がなくて細い体質は病的ですので、肥満度は体重が決めるのではなく、
脂肪の割合が決めるのだと意識しましょう。

減量とは、本来、健康上の問題で体重を減らし、
脂肪の割合を減らすのが最大の目標です。

しかし、全く健康なのに、痩せた体質を手に入れたくて
減量を行っているのですから、
健康的で美しい体質にする為に、
脂肪率と骨格筋量も計測できる体重計を使いましょう。

応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)

金利差の差額分のスワップ金利

金利差の差額分のスワップ金利

★メニュー

金利差の差額分のスワップ金利
円高の背景を見極めよう
そのFX会社は本当に信用出来ますか?
分別管理がされているFX会社
決済のタイミングを見逃さないように
円安によってFXで利益を出す
通貨の売買をすることで生まれる金利差
FXにもデメリットはあります
証拠金とレバレッジ設定が大切
取引通貨単位を覚えておこう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)知っておきたいFXWeb