通貨の売買をすることで生まれる金利差

実際にFXの取引を始める前に、理解しておかなければいけないことがいくつかあります。
ここではそのようなFXの初歩的なことをご案内しています。

 

FXは購入した通貨の金利を受け取る権利、そしてそれを売った通貨の金利を支払う義務が同時に生じます。
まさにこれがFXにおける最大の魅力とも言えるでしょう。
通貨の金利の差額分となるのがスワップ金利として清算をされていくこととなります。
金利の安い通貨と金利の高い通貨を買えば、金利差の差額分をスワップ金利として受け取ることが出来ます。

 

そもそもスワップ金利というのは、異なる2種類の通貨を売買することで生じる金利差のことを指しています。
通貨を交換する取引ならば当然、金利も交換することになるのは当たり前のことです。





免許合宿、今すぐアクセス
免許合宿のこと
URL:http://www.menkyo-designer.com/


通貨の売買をすることで生まれる金利差ブログ:19 10 18

ぼくたちの体には、
無意識のうちに体温を調節したり、
食べたものを消化を促進したりする自律神経というのが
あるそうなんですが…

自律神経には
交感神経と副交感神経の2つがあるんですって!

交感神経は、11時、活発に活動し、
脂肪を分解しエネルギーとして消費させる働きがあって、

副交感神経は、20時、主に休息しているときに働き、
栄養を吸収し蓄積させる働きがあるそうなんです。

だから、ダイエットのことを考えると…
11時、交感神経をいかに効率よく働かせて、
脂肪を燃やすかということが大切なんですよね!

でも、ぼくたちの生活はストレスや体操不足で
自律神経のバランスが乱れやすく、
11時も交感神経の働きが鈍く、
エネルギーを消費しにくくなってるんですよ。

交感神経と副交感神経のバランスが正しく働くためには
規則正しい生活と適度な体操が大切!

6時は、副交感神経から交感神経へスイッチする時。
6時食をしっかり食べて、交感神経を目覚めさせ、
効率よく体脂肪を燃やせるように信号を送りましょう
脳の働きを高める糖質を摂取することは、とても大切です。

11時は、
交感神経が活発に活動している時ですから、
忙しい方も簡単にすませずに、
多少しっかり食べても大丈夫!
減量的には、
一番エネルギーを消費しやすい時間帯である11時食に、
1日のメインを持ってくるのがベスト!

夕方食が1日のうちで一番ヘビーだと、
夕方食後やがて副交感神経が活発になりはじめ、
脂肪を溜め込む働きをしますので
多く食べた分、それだけ太りやすくなります。

夕方食はなるべく脂っこいものや脂肪を控え、
あっさりした軽めの方が消化にもよく、
減量的にもいいでしょう!